釧路地方で活動している数多くの市民団体の中からわっとがセレクトした団体をご紹介いたします!!

(注・・不定期更新、紹介当時の内容になります

特集!ひがし北海道の市民団体!


①ボランティアナースの会キャンナス釧路(浜中町)

 

キャンナス釧路は全国訪問ボランティアナースの会の拠点のひとつで、浜中町を拠点に浜中農協と協働でデイサロンを行うなど、酪農地域特有の高齢者の居場所や健康づくりに一役を買う活動をしています。

 

メンバーは皆酪農業に従事する地域住民だそうです。わっととのかかわりはわっとが事務局を務めますエコ・フェア2023に出展者として参加してくださいました。(2024.2紹介)



②北大通を歩こう会(釧路市)

 

北大通を歩こう会は代表の岡澤敦子さんが2009年2月11日に始めた会です。釧路駅をスタートし北大通のお店をあちこちめぐりながら歩く会です。参加者どうしのおしゃべりも楽しく、また申込みも不要でどこで離脱しても自由!とそれぞれの参加の仕方で楽しめる街歩きの会です。最近は様々なイベントとコラボもしているようです。わっとへも毎回訪ねてくださいます!(ありがとうございます)

 

(開催日は不定期、わっとイベント情報ページでご確認ください) (2024.2紹介)



③なつかし館ボランティアの会(釧路市)

  

なつかし館のボランティアの会が立ち上がりました!

釧路駅前の私設資料館「釧路駅前なつかし館・蔵」(釧路市北大通13)でボランティアサークルが結成されました。毎週日曜日にはボランティアさんが在館し13:00~17:00の時間帯で開館しています。1階アイヌ資料館の見学は無料

2階昭和ロマン館を見学する場合は有料(200円)です

 

ボランティアしてみたい!そんな方は!

ボランティアメンバーの竹内さんまで

 

090(8709)3451  (2024.3紹介)



④認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト(浜中町

 

認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラストは「~この湿原を未来のこどもたちへ~」を活動の目的に①私有地を買い上げ保全するナショナルトラスト事業②地域の自然、湿原を調査・研究し再生修復を行う事業③霧多布湿原のファンづくり事業三本柱を軸に浜中町で様々な事業を行っている認定NPOです。

母体は東京からの移住者と地元の若者3人が出合い結成した「きりたっぷ湿原にほれた会」からはじまりその後「ほれただけではダメだまもらねば」と「霧多布湿原ファンクラブ」へ、その後2000年に「霧多布湿原トラスト」としてNPO法人化し2004年に認定NPO法人化、そして2011年に名称に「ナショナル」を加え国民という言葉に責任をもつという意味で現在の名称「霧多布湿原ナショナルトラスト」としています。 

 

わっとに会報・パンフレット・会員申込用紙がございます。

どうぞお立ち寄りお持ち帰りください!

 

 詳しくは「霧多布湿原ナショナルトラスト」HPをご覧ください。

 認定NPO霧多布湿原ナショナルトラストHP

(2024.3紹介)